Drummer

OKADA MAHO

aboutDrummer

Infomation

Youtube開設いたしました!

Boon The Moon Studio
コロナの影響にて、暫くLiveが行えなくなりましたので、
Yutubeにて生配信ライブや演奏動画をUPしております!
日付のところをクリックしてお楽しみください。

もっと見る

About

岡田 真帆 Okada Maho

15歳からドラムに触れ、大学時代にビックバンドに入った事から、ジャズを始める。
自身のバンド、Mahogany Organ Allstarsにて、2016年日本最大級のジャズコンテストである札幌シティージャズ パークジャズコンテストにて、グランプリを獲得。
2017年4月にアルバムデビュー。その後、日本代表としてウィーンジャズフェスティバルへの出場や、スペイン、メキシコ、アメリカなど、海外へも活動の幅を広げている。2017年8月、スティーブガット&チックコリアバンドとの競演、ノースジャムセッションに出演。
国内での活動では2017年長澤まさみ主演舞台 キャバレーにて、全公演ドラムを担当。
また2017年ファーストアルバムを、2018年にはセカンドアルバムを発売。
2019年にはアフリカ、セネガルへの短期留学を経て、
ジャズからファンク、ポップスだけでなく民族音楽までジャンルに壁を作らず活動中。

共演者 (敬称略)
新妻聖子、押尾コータロー、岡本知高、武田鉄矢(海援隊)、長澤まさみ、小池徹平、ミッキー吉野(ゴダイゴ)、浅野孝己(ゴダイゴ)、中川晃教、藤あや子、CHAR、TOKU etc




 Maho Okada is a Japanese drummer known for her ability to play not only funk, jazz, and pops, but also a lot of ethnic styles of music like african or latin etc.

As a teenager, Maho taught herself to play drums. When she turned 18 years old, she joined a jazz big band and started journey to the world of jazz music.

 At the age of 22, she formed an organ-jazz band called “Mahogany Organ All-stars”. The band immediately got attentions of music funs in Japan. In 2016 they won a jazz competition, Park Jazz Live Contest in Sapporo, Japan. As a prize for it, they performed on Jazz Fest Vienna which Herbie Hancock and George Benson appeared.

 Her  activities as a freelance drummer also often spreads across the world. She have traveled for gigs to Spain, Mexico, America and many more countries. Her enthusiasm for ethnic percussions lead herself to study djembe in Senegal.

Being active in Tokyo, Maho play gigs and jams with a lot of leading edges of Japanese musicians such as Char and Mickie Yoshino.

Contact

Contact

Scroll UpScroll Up